×

CATEGORY

CATEGORY

CONTENTS

About us

HOME»  日本図書»  北朝鮮・韓国関係»  축배(祝杯) No.15

축배(祝杯) No.15

축배 Tyuppe  No.15 宮塚コリア研究所 2020.7.18
     目次
p1巻頭言 二つの飛来物に相反する反応を示す北朝鮮 宮塚コリア研究所代表 宮塚利雄
p 3 北朝鮮野球史1 正岡大陸
p 6 女たちの戦争と平和資料館「日本軍慰安所」マップに対しての引揚者らの指摘
      羽生能知と訂正しお詫びします、引揚者団体全国連合会は。全国清津会元顧問 宮川 淳
p 12 北朝鮮学(≠北韓学)の現状と展望   江上慎太郎
p 16 不通の中朝大橋が来夏開通へ向けて動き出す 中朝それぞれの思惑とは?
                                                                     北朝鮮ライター 中野 鷹
p 19 世界の朝鮮民族、見聞録 延吉、瀋陽、通化、深圳、下露河、地沟村、桓仁、雅河、
       斉斉哈爾、ウラジオストック、ウズベキスタン、カザフスタン、NY,LAなど
                                                                     慶応義塾大学総合政策学部 高木丈也
 p 25 自力更生で正面突破~コミュニケーションツールとしてのたばこ考~ 北岡 裕
 p 29 コロナ禍でも甘~い北朝鮮の漂流物 最新事情 北朝鮮ウォッチャー 金 正太郎
 p 31 光州事件40周年と金大中の思い出-朝鮮半島2020年の道程- 朝鮮研究家 森 善宣
   はじめに
Ⅰ.金正恩「脳死説」騒動から整理する半島情勢を眺める視座
 (1)怪情報が意味するもの
 (2)朝鮮半島を眺める視座
Ⅱ.光州事件40周年:真相究明を続ける韓国
 (1)光州事件が示す南北の政治スタイル
 (2)光州事件と筆者の活動
 (3)金大中の執権と分断構造の変容
Ⅲ.金大中の思い出:日本の民主主義は偽物
 (1)韓国が本物で日本は偽物?
 (2)先の総選挙を評価する
Ⅳ.破綻した「抱擁政策」:一民族二国家への道
 (1)「包容政策」が破綻した理由
 (2)「一民族二国家」の認識
 (3)半島情勢認識にパラダイム転換が必要

 p 41 韓国留学中の忘れられない2つの日常体験 河野博実
 p 45 新型コロナ感染:医療従事者として今思う事 前畠美智子
 p 47 北朝鮮における罵倒語のセンス 愛知大学国際問題研究所客員研究員 堀田幸裕
 p 49 将軍山古墳・馬胄のルーツ さきたま古墳群の被葬者考 北畠 淺
 p 54 コロナ禍で思う事 光州市立美術館名誉館長 河正雄
 p 62 アリランはオモニ像 在日文芸倶楽部「アリラン友の会」代表 李喆雨
 p 72 文藝峰はなぜ映画撮影所を“離れた”のか?(1) 評論家 大場和幸
 p 83 尖閣に非公開で常駐せよ~悠久の歴史の最終形~
                                                 長崎純心大學准教授 いしゐのぞむ
 p 97 論文紹介「金正恩政権における『北朝鮮たばこ統制法』の検証」
                                                宮塚コリア研究所副代表 宮塚寿美子
 p 98 事務局便り・編集後記

  • 축배(祝杯) No.15

  • 販売価格

    2,500円(税込)

  • 購入数

カートに入れる(大)

関連商品