×

CATEGORY

CATEGORY

CONTENTS

About us

HOME»  韓国図書»  観光・地理»  「季刊 望郷」第12号

「季刊 望郷」第12号

墓地の種類、墓地の場所を正しく認識できる、
「季刊 望郷」第12号 2014年12月7日 望郷出版編、発行レインボー出版 107p  ISSN 0389-553X  ISBN 978-4-9906070-5-0
 
永田町界隈でバラまかれ話題となった「北朝鮮墓参の虚実」の、改訂版と「続・北朝鮮墓参の虚実」を収録。

終戦の混乱時当時の現地を知るコアな遺族の方々から欺瞞と指摘され、報道関係者も虚構、実態を見抜けぬまま報道した北朝鮮墓参事業を検証。 墓地の種類、墓地の場所を紹介、掲載。

北朝鮮からの引揚は悲劇的なもので1945年冬、悲惨な越冬で多くの犠牲者が出た。咸北から避難、咸興、興南、元山などの収容所で、父、あるいは母を失い、弱った弟、妹を背負い、日本に引揚げてきた。この墓参にすべてをかけた諸先輩の墓参運動の歴史も紹介。

終戦前後に北朝鮮域内で死亡した日本人の遺骨及び墓地調査について、北朝鮮に正確に実行してもらうための格好の書。
朝鮮国家観光総局の日本側パートナー、咸鏡南北道ツアー団長として行けるところはすべて踏査、全国清津会顧問として約10年関わったレインボー通商から発刊。

全国清津会有志推薦図書。

   収録内容
  「北朝鮮墓参の虚実」(改訂版)
   「続・北朝鮮墓参の虚実」
    咸興の咸北避難民墓地概略図
   ”その日”はくるのか
  戦後十年目の平壌・清津・朱乙
  呪われた村・富坪
  "ピストン屠殺場”古茂山
  我が北鮮脱出行
  平壌日本人会葬儀部
  自分の墓穴を掘る勤労奉仕
 
   資料
  2000年会寧会会寧訪問ツアー旅程表
  2001年咸鏡南北道(国内便飛行機利用)縦断ツアー旅程表
  2000年9月20日 讀賣新聞夕刊
 
  55年ぶり「また再びの会寧」
  北朝鮮死亡者数概況表(昭和52年2月作成)
  終戦前後の北朝鮮在留邦人の人口動態と死亡者数および埋葬地概要

  • 「季刊 望郷」第12号

  • ISBNコード

    978-4-9906070-5-0

  • 販売価格

    1,650円(税込)

  • 購入数

カートに入れる(大)
  • 関連図書
    『拉致と真実』3号 北遺族連絡会”欺瞞”の墓参旅行
    https://www.rainbow-trading.co.jp/category/27/

    関連の報告⇒NK会2015年3月例会

    「終戦混乱後の北朝鮮邦人引揚状況と埋葬地問題―北朝鮮墓参活動の真実」
     
    日時:2015年3月28日(土)
    場所:国会記者会館  第2会議室 (2階)

     第1部:赤尾 覺(午後2時~3時半) 
        報告:終戦混乱後の北朝鮮邦人引揚状況と埋葬地問題など
       第2部:宮川 淳(午後3時40分~5時)
        報告:北朝鮮墓参旅行その他の問題とされること、全国清津会ほか関連団体の状況、
            北朝鮮の人の関連発言の紹介、どうすればもっとも引揚者に寄り添うことができるかなど。
     
      講師: 赤尾 覺
     フリーの編集記者。終戦直後、北朝鮮各地を流浪し、帰国後は北朝鮮で斃れた日本人の遺骨、墓地問題など継続的調査
     
      赤尾覺の主要著作 
    『咸北避難民苦難記』、『朝鮮咸鏡北道在住邦人の終戦悲史』、『五十五年ぶりの北鮮』、
    『會寧へ望郷と鎮魂の旅』、『北鮮流浪: 会寧-白茂高原-咸興-三十八度線突破』、『慕情北朝鮮―写真集』など多数
      最近の著作物 「北朝鮮墓参の虚実」 『季刊望郷』 第12号特集 レインボー出版 2014
      
      講師:宮川 淳(レインボー出版, 全国清津会元顧問)
     北朝鮮引揚げ者雑誌・赤尾覺編「季刊望郷 第12号」の発行人

関連商品