レインボー通商 ~韓国の本・北朝鮮の本~

 

About us

HOME»  コレクション»  影印本「大連新聞」

影印本「大連新聞」

 A3版 全100巻101冊+ 目次集 韓国教会史文献研究院 

 中国国家図書館から入手のマイクロフィルムから影印本に。
発行元・韓国教会史文献研究院から、このマイクロフィルムは北京国家図書館から入手されたものと聞くが、元は大連図書館に所蔵されているマイクロフィルム85リールと思われる。
2011年、北京国家図書館にて『大連新聞』所蔵の有無を確認すると、「現在、一般閲覧者のみならず、中国の学者でさえも閲覧禁止になっている」、2014年に再度、確認すると「所蔵記録なし」とのことであった。

 第1巻 第30号 ~ 第154号 (1920.06.08 ~ 1920.10.20) ~  第100巻 第5428号 ~ 第5469号 (1935.06.26 ~ 1935.08.06) +目次集set 2,100,000(税送料込
 ISBN(set) 978-89-5991-941-3
 ISBN番号は第75巻から、出版社に当たる部分、前から3つの部分が978-89-6695 変更。

 第1次 1920年6月8日~1926年6月10日 全30巻 630,000円 (税・送料込み)
 第2次 1926年6月11日~1930年9月12日 全30巻 630,000 (税・送料込み)
 第3次 1930年9月13日~1935年8月6日 全40巻 840,000 (税・送料込み)
 解説・目次集 別途1冊込み

 大連新聞 解説・目次集 のみ購入の場合には、25,000円 (税・送料込)
  解説(高媛)
  1.創刊の経緯
  2.転機①『遼東新聞』の廃刊
  3.転機②「満州青年会議」と「満州事変」
  4.『大連新聞』の廃刊

  解説(松重充浩)
   日本における戦前・戦中期の大連新聞に関する史料環境と『大連新聞』

大連新聞 大連新聞
 参考文献: 


 租借地メディア『大連新聞』と「満洲八景」 高媛
 Concession Media as represented by The Dairen Shinbun and Manshu Hakkei event  En KD
 http://gmsweb.komazawa-u.ac.jp/academics/jogms04/4_21.pdf#search='大連新聞社'

『大連新聞』は 1920年6月8日、関東州大連市で創刊された日本語日刊新聞。
創刊当時は、6ページの夕刊だったが、すぐに朝刊4ページ、夕刊6ページと紙面が増えた。日露戦争後、日本が50余年の間、大連を租借して自由港とし、南満州鉄道の本社をここに置いて満州攻略の拠点とするなど、満州とモンゴルの物資が往き来する港であり、満蒙の政治経済、社会の各分野の中心が大連だった。
『大連新聞』が創刊されたときに『遼東新報』(1905年創刊)と『滿洲日日新聞』(1907年創刊)が発行されていたが、『大連新聞』は 1935年8月6日、紙齢5469号で廃刊し『満州日報』と統合して『満州日日新聞』になる。
本資料の出所は、中国に派送されたキリスト教大韓監理会所属、朴シンソン宣教師によって、2002年冬に入手したマイクロフィルムを利用して作ったことを明らかにし、創刊から廃刊までの紙面を影印本100冊にして発刊。

関連記述 「満洲における日本人経営新聞の歴史」凱風社 李相哲 pp.116~119
      「大連での『大連新聞』取扱いからみる中国に所蔵される戦前の日本資料」축배(祝杯) No.5 宮川 淳