レインボー通商 ~韓国の本・北朝鮮の本~

 

About us

HOME»  トップ面バックナンバー»  2017.1.11 京城日報記名記事、現在の著作権者探してます

戦前、朝鮮半島で発行された日本語新聞『京城日報』記名記事、以下の方々の現在の著作権者のかたを探しています。(以下、敬称略)

牧野 英一(まきの えいいち、1878年3月20日 - 1970年4月18日)は、岐阜県高山市出身の法学者。専門は刑事法。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%89%A7%E9%87%8E%E8%8B%B1%E4%B8%80

三浦廣洋(みうらこうよう 明治15(1882)年~昭和49(1974)年 昭和期の日本画家。
https://wikimatome.org/wiki/%E4%B8%89%E6%B5%A6%E5%BA%83%E6%B4%8B

河村菊枝 女優 本名 川村圭子 明治23年7月21日生~昭和47年 (1972年)
帝劇の付属技芸学校の第一期生で、明治44年帝劇開場公演で初舞台を踏む。
https://kotobank.jp/word/%E6%B2%B3%E6%9D%91+%E8%8F%8A%E6%B1%9F-1670842

李範昇(이범승)1887年 8月29日~ 1976年9月 3日, 세종)은 일제 강점기의 관료 출신으로 제2대 국회의원과 참의원을 지낸 대한민국의 정치인이다.
교토 제국대학에서 법제학을 공부했다.
보성전문학교 강사를 잠시 지내다가 조선총독부 식산국에서 근무했으며, 황해도 산업과장, 해방 후 초대 경기도 양주군의 양주경찰서장 등을 거쳤다.
https://ko.wikipedia.org/wiki/%EC%9D%B4%EB%B2%94%EC%8A%B9
ソウル弁護士会会長など歴任。
『親日人名辞典』民族問題研究所

町野武馬(まちの たけま、1875年(明治8年)11月16日 - 1968年(昭和43年)1月10日)は、日本の陸軍軍人、政治家。張作霖の顧問を務め、最終階級は陸軍大佐。衆議院議員。戦後再建された大日本武徳会会長。旧会津藩士・町野主水の次男として現在の会津若松市に生まれる。
町野は父から武士の子弟としての教育を受けた。松平容保の6男・松平恒雄は少年時代の遊び友達である山川浩の書生として上京し、成城学校を経て陸軍士官学校に進む。1898年(明治31年)卒業(10期)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%BA%E9%87%8E%E6%AD%A6%E9%A6%AC

田村 剛  (たむら つよし、1890年9月7日 - 1979年9月4日)は、日本の造園家。造園学者。林学者。日本の国立公園、海中公園制度の確立と発展に尽くす。岡山県生まれ。
妻は日向利兵衛の娘。国際自然保護連合名誉会員。日本自然保護協会初代理事長、日本造園学会会長など、要職を多数歴任。
倉敷市で次田家に生まれ、まもなく田村家の養子となる。弟は国文学者の次田潤。 旧制岡山中学校から第六高等学校 (旧制)を経て、東京帝国大学農科大学林学科に進学。
高等学校時代の1911年(明治44年)、新聞社が募集していた立山登山に参加。1915年(大正4年)に大学を卒業し、2年間、明治神宮造営局で神宮内外苑の造営に携わる。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%B0%E6%9D%91%E5%89%9B

佐藤俊二(さとう しゅんじ、1896年9月12日 - 1977年1月2日)は、日本の陸軍軍人、医師。最終階級は陸軍軍医少将。
愛知県出身。1941年(昭和16年)1月、中支那防疫給水部長に就任。同年8月、軍医大佐に昇進。同年11月、南支那防疫給水部長に転じた。1944年(昭和19年)3月、第5軍軍医部長となり、1945年(昭和20年)6月、軍医少将に進み満州で終戦を迎えた。
戦後、戦犯容疑により逮捕され、1949年(昭和24年)12月、ソ連軍のハバロフスク裁判において強制労働20年の判決を受け、イワノボ将官収容所にて服役。1956年(昭和31年)の日ソ国交回復に伴い釈放され帰国した。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BD%90%E8%97%A4%E4%BF%8A%E4%BA%8C

島津忠彦シマズ タダヒコ 肩書元・参院議員 生年月日明治32年8月30日 出生地鹿児島県
学歴成蹊実専〔大正12年〕卒 経歴貴族院議員を経て、参院議員に鹿児島地方区から昭和22年から31年まで当選2回。その後、帝都高速度交通営団理事、阪神高速道路公団監事をつとめた。
受賞勲二等旭日重光章〔昭和44年〕没年月日昭和55年5月12日

著作権継承者の方、あるいは、何かお心当たりの情報をお持ちの方は、ぜひご一報よろしくお願いいたします。
連絡先:電話 Fax 0889-20-9990 レインボー通商宮川 淳(復刻版『京城日報』出版・韓国教会史文献研究院代理)